人気ブログランキング |

大阪・泉州堺の廻転寿司屋です。
メモ帳
facebook
ココ見てね!

バイト募集中 堺 本店 バイトル見てね!!
バイトル関西 堺


堺 本店

大阪府堺市堺区
緑ヶ丘南町1-1-1
TEL.072-243-8144
携帯 090-3966-7172
客席:55席
駐車場:25台













魚庭(なにわ)のひとりごと「七草粥の由来」

七草粥の由来

春の七草といって、七草粥を食べる1月7日は
「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。

※五節句とは?
 1年に5回ある季節の節目の日(節日)のことで
 1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)

 7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を指していいます。
古来日本には、雪の間から芽を出した若菜を摘む
「若菜摘み」という風習がありました。

そして、お隣の中国では・・・

前漢時代に、

元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪
4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀

と、それぞれを占って新年の運勢を見ると共に
占いの対象となるものを大切に扱っていました。

中でも、7日の人の日は、
人を大切にする「人日」という節句でした。

また、唐の時代には、人日の日に七種類の野菜を入れた汁物、
「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈りました。

時は流れて、平安時代になると
中国の風習や行事が、多く日本に伝わってきます。

すると「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって
「七草粥」が食べられるようになりました。

そして、江戸時代になると、幕府が「人日の日」を
「人日の節句」として五節句の1つと定めます。

これによって「1月7日に七草粥を食べる」という風習が、
民衆に広がり定着した、と言われています。

春の七草の持つ意味と効果

ところで、七草粥の具材になる「春の七草」は春の七草
すべてご存知でしょうか?

中には、
現代で使わなくなった呼び名もあるので
これって何?と思うかもしれません。

いい機会なので、覚えてしまいましょう^ ^

それぞれの持つ意味と
主な効果も併せてどうぞ♪

芹(せり)=「競り勝つ」
 解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
 食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」
 別名をぺんぺん草といいます。
 利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、
 胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

御形(ごぎょう)=「仏体」
 母子草(ハハコグサ)のことです。
 痰や咳に効果があります。
 のどの痛みもやわらげてくれます。

繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
 はこべとも呼ばれます。
 昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
 歯槽膿漏にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
 一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
 胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」
 蕪(かぶ)のことです。
 胃腸を整え、消化を促進します。
 しもやけやそばかすにも効果があります。

蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
 大根のことです。
 風邪予防や美肌効果に優れています。
 ※七草粥には、菘と蘿蔔は葉の部分を、薺は花芽を持つ前の若芽を利用します。
 

体にいい効果がいっぱいの七草!

七草粥は、飲んだり食べたりで疲れている
お正月明けの胃腸にもやさしい食べ物なんです。


# by naniwa-osushi | 2018-01-07 15:12 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。冬至

2017年の冬至は12月22日

です。。

毎年12月22日頃に、一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これを冬至と言います。昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、その厄〔やく〕を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。この慣わしは現在も続いています。

一年で最も夜の長い日

冬は植物が枯れ、動物は冬眠してしまうため、食料が手に入りにくくなります。更に日照時間が短いため生命の源である太陽の恵みを享受することが出来にくく、人々は生活の不安を感じていました。特に北半球では、冬至に対する不安は大きかったようです。そこで無病息災を祈るために、野菜の少ない季節に栄養を補給するためのかぼちゃを食べたり、その香りに邪を祓う霊力があると信じられている柚子のお風呂に入るなどして夜を越していたようです。
冬至は「とうじ」と読みますが、これを「湯治〔とうじ〕」とかけて生まれたのが柚子湯(柚子を入れたお風呂)です。柚自体にも意味があり、「融通〔ゆうずう〕が利きますように」という願いが込められているそうです。

冬至は分割点

古来、冬至は新年の起点として考えられていました。というのも、冬至は一年で最も日が短く、この日を境に昼間の時間が延びていくからです。また、昼は長くなってはゆきますが、寒さは一段と厳しくなります。
中国の太陰暦で冬至は暦の起点とされ、厳粛な儀式を行っていました。日本には中世になって伝わり、宮中などで朔旦冬至〔さくたんとうじ〕という祝宴を催していたようです。

生命の終わる冬を乗り切る為に

冬至は生命の終わる時期だと考え、そしてそれを乗り越えるため無病息災の祈願などをし不安を取り除こうとしました。その時に食べる食物の1つがかぼちゃです。
昔は夏に収穫したものを冬至まで大切に保存しておいていましたが、現在では夏に南半球で生産された旬の輸入かぼちゃを食べることが一般的です。冬至かぼちゃが有名なので、冬の野菜だと思っている人も多いのではないでしょうか。
また、柚子には血行を促進する成分や、鎮痛作用のある成分が含まれています。更にビタミンCも豊富なため、湯につかり全身からそれらの成分を吸収することで風邪をひきにくくする効果があります。


# by naniwa-osushi | 2017-12-21 15:00 | 緑ヶ丘店
なにわの廻転寿司堺本店・お得情報!
年末年始は休まず営業いたしております。
期間設定、時間設定なく、
忘年会パック・新年会パックにもご使用いただけます!

来年1月末までお使いいただける割引券を(10%off)
ご案内いたします!

お持ち帰りや店内でのご飲食、忘年会・新年会にも
ご使用いただけます。


:ご来店の折にレジでもお配りさせて
 いただいております。。。
 スタッフまでお声がけおねがいいたします。

:画面コピーをお持ちいただいても
 割引させていただきます!

:レジにて画面提示くださっても
 10%割り引きさせていただきます!

:ランチタイム・お持ち帰り寿司にもご使用いただけます!
e0176748_17402750.jpg
# by naniwa-osushi | 2017-12-21 14:59 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)12月のお得メニューのご案内
いよいよ堺・大仙公園が深紅に染まるシーズンがやってきました。。。。
魚庭の冬の味覚を満載して、ご来店をお待ちいたしておりま~す!

*天ぷら定食3品・・・・・530円(税込572円)
(海老・魚・かき揚げ
ちらしすし又はいなり2貫、赤出汁(大名椀)
(ランチタイムのみ)土日祝もやってます!

*天ぷら定食5品・・・・・880円(税込950円
(海老・魚2品・穴子一尾・かき揚げ)
ちらしすし又はいなり2貫、赤出汁(大名椀)
(毎日昼・夜もやってます!)


*上にぎり10貫・・・1200円(税込1296円)
(まぐろ・やりいか・はまち・海老・鯛
 いくら・生サーモン・うなぎ・蛸・自家製玉子焼)

*特撰にぎり(売り切れ御免)
活あわび(2貫)・・・・・530円(税込572円)
とり貝(2貫)・・・・・・320円(税込345円)
ねぎトロ巻き(1本6貫)・320円(税込345円)
金華鰯のにぎり(2貫)・・240円(税込259円)
しゃこ海老にぎり(2貫)・・240円(税込259円)
納豆巻き(1本6貫)・・・・120円(税込129円)


*カキフライ(5貫)・・650円(税込702円)
*ふぐ唐揚げ(3貫)・・530円(税込572円)
*豚しゃぶ小鍋・・・・・530円(税込572円)
*肉うどん・・・・・・・530円(税込572円)

*活あじ一匹姿にぎり(6貫)・・1120円(税込1209円)
 職人が生簀から揚げて目の前で捌きます
 骨は無料で骨せんべいにします(素揚げ)

*活あじ一匹姿造り・・・・・・・1120円(税込1209円)
 (たたき又は薄造り)
*活あわび姿造り・・・・・・・1590円(税込1717円)

期間:12月1日(金)~12月31日(日)
営業時間11:30~22:00(OS:21:30)
日・祝日はクローズタイムありません

年末年始は「休まず営業いたしております!」

*11月16日(第3木曜入荷)
*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)
ライトボディ(フルボトル)2960円
(3196円税込)
専属ワインスタッフがフルサービスいたします!

*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)

ライトボディ(フルボトル)2960円(3196円税込)


あんこう鍋1人前2340円(2527円税込)




*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)

ライトボディ(フルボトル)2960円(3196円税込)

e0176748_13305085.jpge0176748_15564315.jpg

















あんこう鍋1人前2340円(2527円税込)






# by naniwa-osushi | 2017-11-29 16:28 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司情報「11月16日第3木曜日」ボジョレー・ヌーボー解禁日
*本日ボジョレー・ヌーボー解禁日!

*カーブ・デュ・ボワ・ドワン

:「ボジョレー・ヌーボー」

:フルボトル2,960円(税別)

専属ワインスタッフがフルサービス!

ワイン試飲談義・マナー講座・

デギュスタシオン(サービス演出)いたします!


e0176748_13305085.jpg

# by naniwa-osushi | 2017-11-17 10:44 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司堺本店11月お寿司・天ぷらメニュー
**漁港直送のメニューは手書きにてご案内しております**

e0176748_16220918.jpg
















e0176748_16242421.jpg

# by naniwa-osushi | 2017-11-11 15:48 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと。本日は神嘗祭(かんなめさい)

10月17日。本日は神嘗祭(かんなめさい)

神宮の正月とも呼ばれる。


明治になって、太陽暦が用いられたが、

太陰暦の9月17日は、新暦では、

まだまだ稲が稔らないので、

一月遅れの10月17日となった。


日本の風土には、やはり太陰暦が合っている。

この間の中秋の名月も、そう。(仲秋とは別)

なんでも西洋に追い付きたかった明治とは違って、

現在では、本来の日本に合った暮らしや

風俗習慣の良さを

見直しても良いなあ~。


戦後名前を変更「させられた」、

11月23日の「勤労感謝の日」も

「新嘗祭」に戻せば本来の意味が見えて来る。


二千年以上も食べ物も、

全ての命にも、

感謝してきた國だもの
皆がその気になりさえすれば、

復活できるのになあ。


# by naniwa-osushi | 2017-10-17 11:28 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司堺本店秋のお寿司・天ぷらメニュー

e0176748_16220918.jpg
e0176748_16242421.jpg


# by naniwa-osushi | 2017-10-11 16:27 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。「人間が変わる方法」
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

いくら悔やんだって      
いくら悲しんだって       
時間を戻すことなんて
      
できないです

            
だから選んだ道を     
精一杯歩いていこう
                 
大切なのは      
自分らしくあること

               
転ぶのは一生懸命前に        
進もうとしてるから
                
涙が出ちゃうのは       
いつか笑いたいから
自分で選んだ道なら
どんなに遅くても最後まで      
走れたらやっぱりかっこいい
      
自ら選んだ道こそが    
答えとなる

              
他の誰かのせいにしたくない     
人にどう思われようと     
決めた道なら
           
少しずつでも歩いて行こう



# by naniwa-osushi | 2017-10-01 16:47 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと【成功者と失敗者の条件】

成功者と失敗者の条件】

「成功する人」

1、人間的成長を求め続ける

2、自信と誇りを持つ

3、常に明確な目標を指向

4、他人の幸福に役立ちたい

5、良い自己訓練を習慣化

6、失敗も成功につなげる

7、今ここ100%全力投球

8、自己投資を続ける

9、何事も信じ行動する

10、時間を有効に活用

11、できる方法を考える

12、可能性に挑戦し続ける

「失敗する人」

1、現状に甘え逃げる

2、愚痴っぽく言い訳ばかり

3、目標が漠然としている

4、自分が傷つく事は回避

5、気まぐれで場当たり的

6、失敗を恐れて何もしない

7、どんどん引き延ばす

8、途中で投げ出す

9、不信感で行動できず

10、時間を主体的に創らない

11、できない理由が先に出る

12、不可能だ無理だと考える

自動代替テキストはありません。


# by naniwa-osushi | 2017-09-17 11:39 | 緑ヶ丘店

Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
kakisen@violin.ocn.ne.jp