大阪・泉州堺の廻転寿司屋です。
メモ帳
facebook
ココ見てね!

バイト募集中 堺 本店 バイトル見てね!!
バイトル関西 堺


堺 本店

大阪府堺市堺区
緑ヶ丘南町1-1-1
TEL.072-243-8144
携帯 090-3966-7172
客席:55席
駐車場:25台













魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。ありがとうの反対語

ありがとうの反対語など
今まで考えたこともなかった。

教えてもらった答えは・・・

「あたりまえ」

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」
「有難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。
めったにない事にめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」

我々は、毎日起こる出来事を、
当たり前だと思って過ごしている。

歩けるのが、あたりまえ。

目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。

手足が動くのが、あたりまえ。

毎朝目覚めるのが、あたりまえ。

食事ができるのが、あたりまえ。

息ができるのが、あたりまえ。

友達といつも会えるのが、あたりまえ。

太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。

うまれてきたのが、あたりまえ。

夫(妻)が毎日帰ってくるのが、
あたりまえ。

そして…

生きているのが、あたりまえ。

また、ある夫婦の話もしてくれた。

晩酌の時、いつも無口の夫が、
「ちょっと、お酌してくれないか?」
と珍しく妻に言った。

台所の片付けをしていた妻は、
「今、忙しいから自分でやって」と答えた。
夫は少し寂しそうだったが、
手酌で酒をついだ。

その、2~3時間後、夫は急に倒れ、
救急車で病院に運ばれ、
帰らぬ人となってしまった。

それから、妻は、
何故あの時、
夫にお酌をしてあげなかったのかと、
ずっと悔やんだという。

あの時何故、もっと、
優しい言葉で、
こぼれるような笑顔で、
感謝の言葉で、
接することができなかったのか…

誰しも、
今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。

今日、
誰かと出逢い、話し、笑い、
食事をして、仕事ができる。

こんな当たり前だと思うことが、
本当は奇跡の連続なのだ。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、
「ありがとう」を言わずにいられない。

引用元:愛 感動そして涙のストーリー

ありがとう2

ありがとう1

# by naniwa-osushi | 2018-05-09 20:38 | 緑ヶ丘店
(柿千・なにわ寿司堺本店)5月のランチメニュー
  • ****一番人気は上にぎり御膳ランチ****
  • e0176748_15243700.jpg






















5月のお得なランチメニューのご案内!

 豚しゃぶみぞれ御膳・・・1200円(税込1296円)
①上にぎり御膳・・・・・・1410円(税込1522円)
 てんぷら5品セット・・・・880円(税込950円)
③てんぷら3品セット・・・・530円(税込572円)
 にぎり寿司御膳・・・・・・880円(税込950円)
②海鮮丼3種・・・・・・・各880円(税込950円)

*画面をレジにてご提示またはコピーしてご持参くだされば
割引10%クーポンとして
 お使いいただけます。

*ゴールデンウィークもランチやってます!
毎日ランチ価格でご用意いたしております。


*平日11:30~14:00 17:30~21:00(OS)
*土・日・祝11:00~21:30(OS)

:5月7日(月)臨時休業いたします。

:ランチパスポート
:平日のみ月~金(土、日、祝は致しておりません)
 1080円ランチ
 3月1日(木)より開始いたしております。

:ランチパスポート大阪堺版は
 書店、コンビニで発売しております。






# by naniwa-osushi | 2018-04-30 16:03 | 緑ヶ丘店
なにわの海のひとりごと「山本五十六海軍大将の言葉」
画像に含まれている可能性があるもの:自然、テキスト




# by naniwa-osushi | 2018-04-30 15:58 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(なにわ)のひとりごと「敬天愛人」

「敬天愛人(けいてんあいじん)」

という言葉は、西郷隆盛翁が好んでよく使い、揮毫した言葉です。

「天を敬(うやま)い、人を愛する」と読むのですが、この敬天愛人という言葉には、

西郷翁の自己修養のための指針(目標)と、彼の信仰的とも言える

天命への自覚という考え方が含まれています。


「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、

 天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、

 我を愛する心を以て人を愛する也。」

(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、

人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、

天を敬うことを目的とすべきである。

天は他人も自分も平等に愛したもうから

、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」

                    (西郷南洲顕彰会発行『南洲翁遺訓』より抜粋)

「人それぞれには、天から与えられた「天命」というものがあり、

それに従って、人は生きているのである。だからこそ、

人はまず天を敬うことを目的とするべきである。

天というものは、「仁愛」すなわち人々を平等に、

かつやさしく愛してくれるものであるので、

「天命」というものを自覚するのであれば、

天が我々を愛してくれるように、

人は自らも他の人に対して、天と同じように、「慈愛」を持って接することが何よりも必要である」

 「敬天」つまり天を敬うということは、

 「愛人」つまり人を慈愛するということにつながる、

  この「敬天」と「愛人」とは、実は同じ意味を持つ、相通じるものであるのです。

 このように「敬天愛人」という言葉には、西郷翁の終生の自己目標が語られています。


 つまり、それは仁愛の人になるということです。

 天と同じように、誰へだてなく愛情を注ぎ、そして自らを厳しく律し、

 無私無欲の人であることを、西郷は終生心がけたのです。

 そしてまた、「敬天愛人」には、

 西郷翁の天命を自覚するという考え方が表れていると言えるでしょう。

 「人は天命というものを天から与えられ、それに従い生きているのである」


# by naniwa-osushi | 2018-04-13 20:49 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「花散らしの雨」

「花散らしの雨」

花散らしの雨は、桜の花にとって

いわば天敵のようなもの。

風雪に耐え、やっと咲いた満開の花が、

一夜にして散ってしまうこともあります。

それでも、その雨が、

桜の絨毯を作ってくれたりします。

「花に風、月にむらくも、

 春の嵐」ですよね。。。

本来の意味は別にあるようなのですが、、、

春は出逢いと別れの季節ですね。

e0176748_17161581.jpg


春になれば、桜は咲くのではなく、
春は自然の刺激が、花を咲かせる
タイミングであって。
そこに至るまでの一年間の、
また、人生の全てのチャレンジが、
あるからこそ、咲かせることができます。

一日も途切れることなく、
続けられたチャレンジの賜物ですね!
結果にも一切の無駄のない自然界では、
チャレンジにも無駄になることは、一切
ありません。




# by naniwa-osushi | 2018-04-07 21:58 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「整理、整頓、清潔、清掃、躾(仕付け)」

【5S】整理、整頓、清潔、清掃、躾(仕付け)

これは、より良い高い付加価値をつけるためには、

無駄を省かなければならない。

在庫の無駄、不良品の無駄、作り過ぎの無駄、

手持ちの無駄、動作の無駄、運搬の無駄、加工そのものの無駄、

ほかよりより高い付加価値を付けて、ほかより安いコストで作る。

そのための「5S」なのです。


一番は、整理、整頓です。

「整理」とはいらないものを捨てる。

「整頓」とはそろえることです。

きっちり「整頓」しないと「清掃」できない。

清掃しなければ「清潔」にはならない

「躾」は身を美しくすると書きます。日本で出来た漢字です。

正しくは「仕付け」と云うのですが

辞書で引きますと一番目には形が崩れないように糸で仕付ける。
二番目には、田植えと書いてあります。昔は、田植えと云うのは、

糸に紐を等間隔に結んで
幅をずらして田植えしていたのです。その後は、

六角形の木の枠を転がしていき交差点に
なったところに植えていく。

横からみても,縦からみても、斜めからみても真っ直ぐになります

【5S】の場合に大切なことは

 納得と実行させることです。

 理屈の前にまず実行を通じて

頭でなく身体でわからせることが大切です。

e0176748_18532173.jpg


# by naniwa-osushi | 2018-03-26 12:02 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。魚庭の海

魚庭(なにわ)の海とは




大阪を指す「なにわ」は、
広辞苑によると『(一説に「魚(な)庭(にわ)」の意という)
大阪市及びその付近の古称』とされております。
これは、古来より大阪湾が魚介類の豊富な海であったことから

「魚(な)の庭」が転じて「魚庭(なにわ)」になったというものです。

大阪湾再生の推進 森・川・海のネットワークを通じて、美しく親しみやすい魚庭(なにわ)の海の再生をめざします
# by naniwa-osushi | 2018-03-26 12:00 | 緑ヶ丘店
応募要項

寿司屋・回転寿司(すし)

[ア・パ]①ホールスタッフ(配膳)、②キッチンスタッフ


給 与
  • 交通費有
  • 扶養控除内
  • 昇給あり
[ア・パ]①時給950円~1,050円、②時給1,050円~1,250円
交通費:全額支給
車通勤・バイク通勤OK!
①ホールスタッフ
■高校生
時給950円~
■一般・大学生
時給1,000円~

②調理スタッフ
時給1,050円~
※能力に応じて決定

※日祝は時給50円UP
※スキルに応じて随時昇給
    勤務時間
      • シフト相談
      • 〜4h/日
      • 9時〜OK
      • 10時〜OK
      • 残業なし
      • 週2・3日OK
      • 週末のみ
      • 夏(冬)休み限
    [ア・パ]①18:00~21:30、②17:30~21:30
    ※平日の15:00~17:00は
     クローズしています。
    ※夕方以降働ける
    上記時間内で、
    ○1日3時間~OK
    〇週2~勤務OK
    ※土日どちらかを含む
    ○土日祝勤務できる方、大歓迎!
    〇フルタイム勤務できる方も大歓迎!

    ▼働き方はいろいろ
    ≫学校と両立したい高校生・大学生
    ・授業を終えて夕方から
    ・学校がない土日祝だけ

    ≫家事や育児で忙しい主婦(夫)さん
    ・お小遣い稼ぎに働きたい

    *がっつりと稼ぎたいフリーターさん
    ・他のお仕事と掛け持ちしたい
    ・料理の腕を磨きたい

    ~日・祝日は時給50円アップ!!~

    「この日は学校だから18時半から…」
    「この週は旅行で土日どちらも入れない…」
    という場合でも対応致します◎

    ワガママ全部言って下さい!

    勤務地・面接地
    勤務先
    なにわの廻転寿司 堺本店
    住所
    大阪府堺市堺区緑ヶ丘南町1-1-1
    最寄駅
    阪堺電気軌道阪堺線 石津北駅 徒歩15分
    南海本線 石津川駅 車10分
    阪和線 上野芝駅 徒歩15分

    # by naniwa-osushi | 2018-03-23 09:03 | 緑ヶ丘店
    魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。弥生「夢見月」

    三月を「弥生(やよひ)」と呼ぶことは多くの人が
    知るところと思いますが、他にもさまざまな呼び方があり、
    そのひとつに「夢見月(ゆめみづき)」があります。

    ah_yayoi.jpg

    弥生の勢いと夢見る頃

    「弥生(やよひ)」という言葉にどのような
    イメージがあるでしょうか? 
    多くの人は、優しい、はかなげ、……など、
    春と言う季節と重ねて柔らかいイメージが
    あるかもしれません。ですが、その語源は
    「草木がいやが上にも生える=いやおひ」が転じて
    「弥生」となった……と言うもので、
    とても生命力にあふれた意味を持っています。

     それでいて、この頃はその反動でしょうか、
    気だるさや眠気を感じやすくなる頃でもあります。
    その眠りの中で見る夢を「春の夢」という季語で、
    古(いにしえ)の歌人は和歌に詠んだものです。
    天文用語でもある「霞(かすみ)」「朧(おぼろ)」
    など、ぼんやりとした空気感が、「夢と現(うつつ)」
    の間のように感じたのでしょうか。
    現代でも、短歌や俳句に使われる季語です。

     溢れる勢い、まどろみ、そして見た夢のはかなさ。
    弥生は、季節も人も、行きつ戻りつ「たゆたう」感じがあります。
    これが、「夢見月」と呼ばれる所以(ゆえん)でしょうか。

    夢で逢いましょう…と言ってくれる。。。


    # by naniwa-osushi | 2018-03-20 18:04 | 緑ヶ丘店
    魚庭の海(なにわ)のひとりごと。【自分を元気にする言葉】

    【自分を元気にする言葉】

    ❶人生に無駄はない

    ❷人は人、自分は自分

    ❸辛いのは自分だけじゃない

    ❹自分と未来は変えられる

    ❺成るようになる

    ❻努力は裏切らない

    ❼まあいいか、気にしない

    ❽明日は明日の風が吹く

    ❾時間が解決してくれる

    ➓こういう時もあるさ

    ⓫明けない夜はない

    ⓬死ぬわけじゃない

    ⓭苦あれば楽あり

    ⓮何でもない、大丈夫

    ⑮これが底なら後は上昇

    ⓰笑う門には福来る

    ⓱人事を尽くして天命を待つ

    ⓲山より大きな猪はいない

    ⓳ありのままに受け入れよ

    ⓴頑張っているね、偉い

    出典:おもてなしは「心の礎」

    「自分をげんきに...」の画像検索結果



    # by naniwa-osushi | 2018-03-04 13:39 | 緑ヶ丘店

    Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
    kakisen@violin.ocn.ne.jp