大阪・泉州堺の廻転寿司屋です。
メモ帳
facebook
ココ見てね!

バイト募集中 堺 本店 バイトル見てね!!
バイトル関西 堺


堺 本店

大阪府堺市堺区
緑ヶ丘南町1-1-1
TEL.072-243-8144
携帯 090-3966-7172
客席:55席
駐車場:25台













カテゴリ:緑ヶ丘店( 130 )
魚庭の海(大阪湾の別称)12月のお得メニューのご案内
いよいよ堺・大仙公園が深紅に染まるシーズンがやってきました。。。。
魚庭の冬の味覚を満載して、ご来店をお待ちいたしておりま~す!

*天ぷら定食3品・・・・・530円(税込572円)
(海老・魚・かき揚げ
ちらしすし又はいなり2貫、赤出汁(大名椀)
(ランチタイムのみ)土日祝もやってます!

*天ぷら定食5品・・・・・880円(税込950円
(海老・魚2品・穴子一尾・かき揚げ)
ちらしすし又はいなり2貫、赤出汁(大名椀)
(毎日昼・夜もやってます!)


*上にぎり10貫・・・1200円(税込1296円)
(まぐろ・やりいか・はまち・海老・鯛
 いくら・生サーモン・うなぎ・蛸・自家製玉子焼)

*特撰にぎり(売り切れ御免)
活あわび(2貫)・・・・・530円(税込572円)
とり貝(2貫)・・・・・・320円(税込345円)
ねぎトロ巻き(1本6貫)・320円(税込345円)
金華鰯のにぎり(2貫)・・240円(税込259円)
しゃこ海老にぎり(2貫)・・240円(税込259円)
納豆巻き(1本6貫)・・・・120円(税込129円)


*カキフライ(5貫)・・650円(税込702円)
*ふぐ唐揚げ(3貫)・・530円(税込572円)
*豚しゃぶ小鍋・・・・・530円(税込572円)
*肉うどん・・・・・・・530円(税込572円)

*活あじ一匹姿にぎり(6貫)・・1120円(税込1209円)
 職人が生簀から揚げて目の前で捌きます
 骨は無料で骨せんべいにします(素揚げ)

*活あじ一匹姿造り・・・・・・・1120円(税込1209円)
 (たたき又は薄造り)
*活あわび姿造り・・・・・・・1590円(税込1717円)

期間:12月1日(金)~12月31日(日)
営業時間11:30~22:00(OS:21:30)
日・祝日はクローズタイムありません

年末年始は「休まず営業いたしております!」

*11月16日(第3木曜入荷)
*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)
ライトボディ(フルボトル)2960円
(3196円税込)
専属ワインスタッフがフルサービスいたします!

*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)

ライトボディ(フルボトル)2960円(3196円税込)


あんこう鍋1人前2340円(2527円税込)




*ボジョレー ヌーボー(カーベ・デュ・ボワ・ドワン)

ライトボディ(フルボトル)2960円(3196円税込)

e0176748_13305085.jpge0176748_15564315.jpg

















あんこう鍋1人前2340円(2527円税込)






by naniwa-osushi | 2017-11-29 16:28 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司情報「11月16日第3木曜日」ボジョレー・ヌーボー解禁日
*本日ボジョレー・ヌーボー解禁日!

*カーブ・デュ・ボワ・ドワン

:「ボジョレー・ヌーボー」

:フルボトル2,960円(税別)

専属ワインスタッフがフルサービス!

ワイン試飲談義・マナー講座・

デギュスタシオン(サービス演出)いたします!


e0176748_13305085.jpg

by naniwa-osushi | 2017-11-17 10:44 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司堺本店11月お寿司・天ぷらメニュー
**漁港直送のメニューは手書きにてご案内しております**

e0176748_16220918.jpg
















e0176748_16242421.jpg

by naniwa-osushi | 2017-11-11 15:48 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと。本日は神嘗祭(かんなめさい)

10月17日。本日は神嘗祭(かんなめさい)

神宮の正月とも呼ばれる。


明治になって、太陽暦が用いられたが、

太陰暦の9月17日は、新暦では、

まだまだ稲が稔らないので、

一月遅れの10月17日となった。


日本の風土には、やはり太陰暦が合っている。

この間の中秋の名月も、そう。(仲秋とは別)

なんでも西洋に追い付きたかった明治とは違って、

現在では、本来の日本に合った暮らしや

風俗習慣の良さを

見直しても良いなあ~。


戦後名前を変更「させられた」、

11月23日の「勤労感謝の日」も

「新嘗祭」に戻せば本来の意味が見えて来る。


二千年以上も食べ物も、

全ての命にも、

感謝してきた國だもの
皆がその気になりさえすれば、

復活できるのになあ。


by naniwa-osushi | 2017-10-17 11:28 | 緑ヶ丘店
魚庭の廻転寿司堺本店秋のお寿司・天ぷらメニュー

e0176748_16220918.jpg
e0176748_16242421.jpg


by naniwa-osushi | 2017-10-11 16:27 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。「人間が変わる方法」
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

いくら悔やんだって      
いくら悲しんだって       
時間を戻すことなんて
      
できないです

            
だから選んだ道を     
精一杯歩いていこう
                 
大切なのは      
自分らしくあること

               
転ぶのは一生懸命前に        
進もうとしてるから
                
涙が出ちゃうのは       
いつか笑いたいから
自分で選んだ道なら
どんなに遅くても最後まで      
走れたらやっぱりかっこいい
      
自ら選んだ道こそが    
答えとなる

              
他の誰かのせいにしたくない     
人にどう思われようと     
決めた道なら
           
少しずつでも歩いて行こう



by naniwa-osushi | 2017-10-01 16:47 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと【成功者と失敗者の条件】

成功者と失敗者の条件】

「成功する人」

1、人間的成長を求め続ける

2、自信と誇りを持つ

3、常に明確な目標を指向

4、他人の幸福に役立ちたい

5、良い自己訓練を習慣化

6、失敗も成功につなげる

7、今ここ100%全力投球

8、自己投資を続ける

9、何事も信じ行動する

10、時間を有効に活用

11、できる方法を考える

12、可能性に挑戦し続ける

「失敗する人」

1、現状に甘え逃げる

2、愚痴っぽく言い訳ばかり

3、目標が漠然としている

4、自分が傷つく事は回避

5、気まぐれで場当たり的

6、失敗を恐れて何もしない

7、どんどん引き延ばす

8、途中で投げ出す

9、不信感で行動できず

10、時間を主体的に創らない

11、できない理由が先に出る

12、不可能だ無理だと考える

自動代替テキストはありません。


by naniwa-osushi | 2017-09-17 11:39 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「良い人生のために大切なこと十訓」
自動代替テキストはありません。
by naniwa-osushi | 2017-09-11 00:25 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。「重陽」の節句です。
9月9日は「重陽」の節句です。菊に長寿を祈る日です。

陽(奇数)が重なる日そして、
奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。
日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています
邪気を祓い長生き効果のある菊。

古代中国では菊は「翁草〔おきなくさ〕」
千代見草〔ちよみくさ〕」「齢草〔よわいくさ
〕」と言われ、
邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。
その中国の影響を受けて日本では、8日の夜に菊に綿をかぶせ、
9日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていました。

菊に関する歌合わせや菊を鑑賞する宴が催されていた秋の収穫祭が起源》
平安時代以前は、農山村や庶民の間で秋の田畑の収穫が行われる時期に
「栗の節句」とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝いました。
(その後も農民の間では収穫祭の意味合いが強く受け継がれていきました)

平安時代に入って中国思想の影響を受けると、菊の花を浸した「菊酒」を飲み交わし、
茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を掛けて悪気を祓う菊花の宴が催されるようになりました。

9月9日の語呂合わせで「救急の日」でもあります。
命と大切さ。実りの秋に感謝です。

by naniwa-osushi | 2017-09-10 15:41 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。残暑お見舞い申し上げます!

「処暑」残暑お見舞いもうしあげます。

二十四節気はその年によって日付は変わりますが、
処暑に関しては、2023年までは8月23日となっています。

処暑の期間は、8月23日から9月6日まで。
次の節気「白露」までの期間となります。


更にその次の節気「秋分」へと向かい、
暦の上でも実際の季節も秋へ向かっているとはいえ、
現在の暦と多少のずれがあるため、
実際の処暑のあたりはまだまだ暑い時期。


暦や礼儀の上では処暑の前にあたる立秋から
残暑とされていますが、実際には処暑あたりからが
残暑と言えますね。


暑中見舞いのはがきを出し忘れていた場合は、
処暑が終わる前に出してしまわないと礼を欠くことに。
「残暑お見舞い申し上げます」の一文を添えて、
出し忘れていた方へはがきを送りましょう。


by naniwa-osushi | 2017-08-23 12:18 | 緑ヶ丘店

Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
kakisen@violin.ocn.ne.jp