大阪・泉州堺の廻転寿司屋です。
メモ帳
facebook
ココ見てね!

バイト募集中 緑ヶ丘店 バイトル見てね!!
バイトル関西 堺


緑ヶ丘店

大阪府堺市堺区
緑ヶ丘南町1-1-1
TEL.072-243-8144
客席:55席
駐車場:25台













魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。「人は4つのことで変わる」

「人は4つのことで変わる」


「 感謝 」

感謝をするようになると毎日が楽しくなります

自分だけではなく周りの人も幸せにする力

を持っています。

感謝のあるところに

人の信頼関係が生まれます。

「 感動 」

感動すると人は動きます

それは感動が理性ではなく

魂に響くからです感動の多い人は

人に好かれます。

感動は感じたままに動く人に

よく起こります。

「 涙 」

涙はどんな苦しみや悲しみも

浄化してくれます

涙を流すと心が晴れてきます。

感情は形にすると解消されます

涙は もっとも純粋で

高貴なストレス解消法です。

「 喜び 」

喜びこそがエネルギーです

本当の喜びとは一人で味わうもの

ではありませんみなと共感する時

大きな喜びが生じます

その為には人を喜ばして下さい

人を喜ばす喜びを

知った人は幸せな人です



# by naniwa-osushi | 2018-02-21 17:19 | 緑ヶ丘店
MAP
e0176748_2091675.jpg

# by naniwa-osushi | 2018-02-20 18:23 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)2月のランチメニュー
  • ****一番人気はあったか小鍋ランチ****
  • e0176748_15243700.jpg






















2月のお得なランチメニューのご案内!

豚しゃぶみぞれ御膳・・・1200円(税込1296円)
上にぎり御膳・・・・・・1410円(税込1522円)
てんぷら5品セット・・・・880円(税込950円)
てんぷら3品セット・・・・530円(税込572円)
にぎり寿司御膳・・・・・・880円(税込950円)
海鮮丼3種・・・・・・・各880円(税込950円)

*画面をレジにてご提示またはコピーしてご持参くだされば
割引10%クーポンとして
 お使いいただけます。

*平日11:30~14:00 17:30~21:00(OS)
*土・日・祝11:00~21:30(OS)

:2月5日(月)19日(月)20日(火)
  (2月冬期のみ店休日)



# by naniwa-osushi | 2018-02-06 09:04 | 緑ヶ丘店
魚庭(なにわ)のひとりごと「節分の由来の大切なポイント」

節分とは、「季ける」という意味があります。

言いかえると、季節の変わり目ということです。

日本には四季(春、夏、秋、冬)がありますので、
季節の変わり目というのは年に4回あります。

各季節の始まりは、立春、立夏、立秋、立冬が季節の始まりです。
それぞれの前日が節分と呼ばれています。

ということは、節分も年に4回あることになりますが、
現在の節分は2月3日の1回ですよね。

その理由は、旧暦では、

立春が一年の始まりとされており、その前日の節分が一番メジャーになったと考えられています。

現在で言うところの

節分=大晦日、立春=元日だった訳ですね。

これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、

不幸や災いのない一年になるようにの願い

込めてこの時期に節分が行われるのです。

今でも年末には大掃除をしたり、

大晦日には、年越しそばを食べたり、

除夜の鐘を鳴らしたりしますよね。
一年の変わり目を大切に思う気持ちは、

今も昔も変わらないということですね!

今回は節分と豆まきの由来を子供に説明するときの

ポイントを紹介します。
節分などの昔からの行事は、

大事にしていきたいですよね。


豆まきの由来は

節分と言われてイメージするのは、豆まきですよね。

豆まき

鬼は~外。福は~内と言いながら豆をまきます。
そして年の数+1(数え年)だけ豆を食べていました。

子供のころはとても楽しく豆をまいていましたよね。

では、なぜ豆まきをするのでしょうか?

その由来は、昔、京都にある鞍馬山から鬼が出てきて、都を荒らしていました。
そのときに鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから豆をまくようになりました。

また、語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっています。
「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことに通じているんですね。

このような理由から、新しい1年を無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになりました。

また、豆まきで使う大豆は炒った大豆を使いましょう。
まいた豆から目がでるのは縁起がよくないとされています。

ここまでが、節分や豆まきの由来の説明でした。
では、次に子供に説明するときのポイントをご紹介していきましょう。

子供に説明する時のポイントはココ!

節分や豆まきを子供に説明するときには、子供の年齢などによって理解力が違いますのでそれに合わせて伝える量を変えてあげるとよいでしょう。

特に小さい子供の場合は、あまり詳しく説明しても分からないと思うので、大切なポイントだけに絞って説明します。

    節分の由来の大切なポイント

  • 昔は、節分が大晦日だったこと。
  • これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめること。
  • 豆まきは、悪い鬼を追い払うために行うこと。

小さい子供の場合このくらいの情報を伝えてあげればいいかなと思います。

これだけでは、イメージしにくいと思いますので、会話調で書いてみますね♪

ママ今日は節分よ。
女の子ママ、節分って何?
ママ節分は昔の大晦日(1年の終わり)だったのよ。
新しい年に悪い事が起きないように願いを込めて豆まきをする日なのよ。
女の子なんで豆まきをするの?
ママ豆は鬼を追い払う力がある物なのよ。
豆をまくことで、悪い鬼たちは逃げていくのよ。
~ちゃんもいっしょに豆まきをしようね。
女の子うん。やる!

このような感じて伝えればいいのかなと思います。
後は、子供の年齢に応じて伝える部分を増やしていけばいいのではないかと思います。


今回は節分と豆まきの由来を子供に説明するときのポイントを紹介しました。
節分などの昔からの行事は、大事にしていきたいですよね。

節分だから豆をまく、だけでも十分楽しい行事ではあります。
しかし、節分の由来やそれに込められている願いを知ることで、
何倍も節分を楽しむことが出来るようになると思います^^


# by naniwa-osushi | 2018-02-04 20:46 | 緑ヶ丘店
なにわ堺本店・恵方巻のお得情報!
:この画面提示で店内ご飲食・お持ち帰り・

恵方巻(上巻1本850円税抜)

 宴会パックすべてに

前日までのご予約で10%割引いたします。



(営業時間)お昼のランチセットは毎日やってます。

月~金 11:30~14:30(OS14:00)ランチセットOS14:00
土   11:00~15:00(OS14:30)ランチセットOS14:00
日・祝日11:00~22:00(OS21:30)ランチセットOS14:00
  (日・祝日はクローズタイムありません)

2月5日(月)19日(月)店休日になっております。


品質管理鮮度管理のため旬ネタのなくなり

次第早めにオーダーストップ

する場合があります。
e0176748_14272552.jpg



























e0176748_14483907.jpg








































# by naniwa-osushi | 2018-02-04 20:45 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(なにわ)のひとりごと『 ありがとうの恩恵 』
『 ありがとうの恩恵 』
 
 
「ありがとう」は
 
単なる感謝の言葉ではなく、
 
相手の長所に気づき、
 
相手の価値を認める
 

言葉でもあります。
 
 
 
それに気づいて、
 
その長所を見習う
 
ことができれば、
 
自分の価値を高める
 
ことができる。
 
 
 
「ありがとう」には、
 
そうした恩恵だって
 
あるんです。
 
■ ありがとうの語源とは!?
ありがとうの語源をご存知ですか?。

「ありがとう」「有り難い」とは
「有ることが難しい」ということで、
めったにないことをさした言葉なんです。
一説には、お釈迦様の教えから来ているといわれています。
 
 
お釈迦様は、
弟子たちに人間としてこの世に生まれることが、
どれほど幸運であるかを説き、
これが「ありがとう」の語源となりました。
 
 
 
 
■ ありがとうは日本人が
最も言われてうれしい言葉!
 
 
「ありがとう」は、
過去に行われた言葉のランキングで
上位を獲得しています。
ちなみに下記にあるランキングがその一例です。
 
21世紀に残したい言葉ランキング 1位
彼氏に求めている言葉ランキング 1位
自己肯定感を育む言葉ランキング 1位

 
 
「ありがとう」は、
たった5文字からなる言葉ですが、
とても魅力的で強いパワーが秘められています。
実際、「ありがとう」の言葉を
もらうと嬉しくなりますし、
他人に「ありがとう」
というと幸せがより深まります。
 
 
心が疲れてしまった人に対しても
「ありがとう」が一番いいのですね。

老若男女問わず、みんな大好きな言葉、
それが「ありがとう」です。


 

# by naniwa-osushi | 2018-01-29 20:18 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「整理、整頓、清潔、清掃、躾(仕付け)」

【5S】整理、整頓、清潔、清掃、躾(仕付け)

これは、より良い高い付加価値をつけるためには、

無駄を省かなければならない。

在庫の無駄、不良品の無駄、作り過ぎの無駄、

手持ちの無駄、動作の無駄、運搬の無駄、加工そのものの無駄、

ほかよりより高い付加価値を付けて、ほかより安いコストで作る。

そのための「5S」なのです。


一番は、整理、整頓です。

「整理」とはいらないものを捨てる。

「整頓」とはそろえることです。

きっちり「整頓」しないと「清掃」できない。

清掃しなければ「清潔」にはならない

「躾」は身を美しくすると書きます。日本で出来た漢字です。

正しくは「仕付け」と云うのですが

辞書で引きますと一番目には形が崩れないように糸で仕付ける。
二番目には、田植えと書いてあります。昔は、田植えと云うのは、

糸に紐を等間隔に結んで
幅をずらして田植えしていたのです。その後は、

六角形の木の枠を転がしていき交差点に
なったところに植えていく。

横からみても,縦からみても、斜めからみても真っ直ぐになります

【5S】の場合に大切なことは

 納得と実行させることです。

 理屈の前にまず実行を通じて

頭でなく身体でわからせることが大切です。

e0176748_18532173.jpg


# by naniwa-osushi | 2018-01-24 09:50 | 緑ヶ丘店
魚庭(なにわ)の海のひとりごと。『見えないところをきれいにすると 』
『見えないところをきれいにすると

見えないとことがひかりだす。』

これは、経営の神様といわれた

松下幸之助の言葉です。

大行列のできる

お寿司屋さんがあります。

きっと美味しいんだろうなと思った。

店に入って食べていると分かった。

ただ美味しだけじゃない。

いるだけで心地いいのです。

このお寿司屋さんは

食べにきてくれるお客様を

大事にするだけでなく

取引先をも大事にすることで

有名だだということです。

取引先でも、このお店の担当に

なりたがる人が多いそうです。

つまり、仕事にかかわる全ての人を

徹底的に大事にするというポリシー

なのです。

このポリシーは店のなかにも表れます。

どこに表れるかというと、【空気に】です。


なんとなく、ここは

居心地がいいという空気に。

取引先を大切にする姿勢は

食べにくる人には見えません。

でも、みえないところを

大切にする姿勢は

見えるところにちゃんと

空気として表れるものです。

そう、あなたの愛も

空気に表れます

# by naniwa-osushi | 2018-01-18 11:17 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。できない理由
できない理由を
 
忙しさのせいにしたとき、
 
心が亡くなる。

 
 
できない理由を
 
歳のせいにしたとき、
 
歳が老いる。
 

  
できない理由を
 
誰かのせいにしたとき、
 
自分がわからなくなる。
 
  
何かのせいにした言い訳が
 
全部自分に返ってくる。
 
 
できない理由を
 
自分のせいにしたとき、
 
できる自分が返ってくる。

 


 

# by naniwa-osushi | 2018-01-07 15:14 | 緑ヶ丘店
魚庭(なにわ)のひとりごと「七草粥の由来」

七草粥の由来

春の七草といって、七草粥を食べる1月7日は
「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。

※五節句とは?
 1年に5回ある季節の節目の日(節日)のことで
 1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)

 7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を指していいます。
古来日本には、雪の間から芽を出した若菜を摘む
「若菜摘み」という風習がありました。

そして、お隣の中国では・・・

前漢時代に、

元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪
4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀

と、それぞれを占って新年の運勢を見ると共に
占いの対象となるものを大切に扱っていました。

中でも、7日の人の日は、
人を大切にする「人日」という節句でした。

また、唐の時代には、人日の日に七種類の野菜を入れた汁物、
「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈りました。

時は流れて、平安時代になると
中国の風習や行事が、多く日本に伝わってきます。

すると「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって
「七草粥」が食べられるようになりました。

そして、江戸時代になると、幕府が「人日の日」を
「人日の節句」として五節句の1つと定めます。

これによって「1月7日に七草粥を食べる」という風習が、
民衆に広がり定着した、と言われています。

春の七草の持つ意味と効果

ところで、七草粥の具材になる「春の七草」は春の七草
すべてご存知でしょうか?

中には、
現代で使わなくなった呼び名もあるので
これって何?と思うかもしれません。

いい機会なので、覚えてしまいましょう^ ^

それぞれの持つ意味と
主な効果も併せてどうぞ♪

芹(せり)=「競り勝つ」
 解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
 食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」
 別名をぺんぺん草といいます。
 利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、
 胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

御形(ごぎょう)=「仏体」
 母子草(ハハコグサ)のことです。
 痰や咳に効果があります。
 のどの痛みもやわらげてくれます。

繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
 はこべとも呼ばれます。
 昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
 歯槽膿漏にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
 一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
 胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」
 蕪(かぶ)のことです。
 胃腸を整え、消化を促進します。
 しもやけやそばかすにも効果があります。

蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
 大根のことです。
 風邪予防や美肌効果に優れています。
 ※七草粥には、菘と蘿蔔は葉の部分を、薺は花芽を持つ前の若芽を利用します。
 

体にいい効果がいっぱいの七草!

七草粥は、飲んだり食べたりで疲れている
お正月明けの胃腸にもやさしい食べ物なんです。


# by naniwa-osushi | 2018-01-07 15:12 | 緑ヶ丘店

Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
kakisen@violin.ocn.ne.jp