大阪・泉州堺の廻転寿司屋です。
メモ帳
facebook
ココ見てね!

バイト募集中 緑ヶ丘店 バイトル見てね!!
バイトル関西 堺


緑ヶ丘店

大阪府堺市堺区
緑ヶ丘南町1-1-1
TEL.072-243-8144
客席:55席
駐車場:25台













カテゴリ:緑ヶ丘店( 120 )
魚庭の海のひとりごと【成功者と失敗者の条件】

成功者と失敗者の条件】

「成功する人」

1、人間的成長を求め続ける

2、自信と誇りを持つ

3、常に明確な目標を指向

4、他人の幸福に役立ちたい

5、良い自己訓練を習慣化

6、失敗も成功につなげる

7、今ここ100%全力投球

8、自己投資を続ける

9、何事も信じ行動する

10、時間を有効に活用

11、できる方法を考える

12、可能性に挑戦し続ける

「失敗する人」

1、現状に甘え逃げる

2、愚痴っぽく言い訳ばかり

3、目標が漠然としている

4、自分が傷つく事は回避

5、気まぐれで場当たり的

6、失敗を恐れて何もしない

7、どんどん引き延ばす

8、途中で投げ出す

9、不信感で行動できず

10、時間を主体的に創らない

11、できない理由が先に出る

12、不可能だ無理だと考える

自動代替テキストはありません。


by naniwa-osushi | 2017-09-17 11:39 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「良い人生のために大切なこと十訓」
自動代替テキストはありません。
by naniwa-osushi | 2017-09-11 00:25 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。「重陽」の節句です。
9月9日は「重陽」の節句です。菊に長寿を祈る日です。

陽(奇数)が重なる日そして、
奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。
日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています
邪気を祓い長生き効果のある菊。

古代中国では菊は「翁草〔おきなくさ〕」
千代見草〔ちよみくさ〕」「齢草〔よわいくさ
〕」と言われ、
邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。
その中国の影響を受けて日本では、8日の夜に菊に綿をかぶせ、
9日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていました。

菊に関する歌合わせや菊を鑑賞する宴が催されていた秋の収穫祭が起源》
平安時代以前は、農山村や庶民の間で秋の田畑の収穫が行われる時期に
「栗の節句」とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝いました。
(その後も農民の間では収穫祭の意味合いが強く受け継がれていきました)

平安時代に入って中国思想の影響を受けると、菊の花を浸した「菊酒」を飲み交わし、
茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を掛けて悪気を祓う菊花の宴が催されるようになりました。

9月9日の語呂合わせで「救急の日」でもあります。
命と大切さ。実りの秋に感謝です。

by naniwa-osushi | 2017-09-10 15:41 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。残暑お見舞い申し上げます!

「処暑」残暑お見舞いもうしあげます。

二十四節気はその年によって日付は変わりますが、
処暑に関しては、2023年までは8月23日となっています。

処暑の期間は、8月23日から9月6日まで。
次の節気「白露」までの期間となります。


更にその次の節気「秋分」へと向かい、
暦の上でも実際の季節も秋へ向かっているとはいえ、
現在の暦と多少のずれがあるため、
実際の処暑のあたりはまだまだ暑い時期。


暦や礼儀の上では処暑の前にあたる立秋から
残暑とされていますが、実際には処暑あたりからが
残暑と言えますね。


暑中見舞いのはがきを出し忘れていた場合は、
処暑が終わる前に出してしまわないと礼を欠くことに。
「残暑お見舞い申し上げます」の一文を添えて、
出し忘れていた方へはがきを送りましょう。


by naniwa-osushi | 2017-08-23 12:18 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。☆良い人生のための心の準備10か条☆

☆はっと気付くいい言葉

☆良い人生のための心の準備10か条☆


1、人を大切にする人は
  人から大切にされる。

2、人間関係は相手の長所と
   付き合うものだ。

3、人は何をしてもらうかより
  何が人に出来るかが大切である。

4、仕事では頭を使い、
  人間関係では心を使え。

5、挨拶はされるものではなく
  するものである。

6、仕事は言われてするものではなく、
   探してするものである。

7、わかるだけが勉強ではない、
  出来る事が勉強だ。

8、美人より美心。

9、言葉で語るな、心で語れ。

10、良い人生は、
  良い準備から始まる

「よい人生」の画像検索結果


by naniwa-osushi | 2017-05-03 12:35 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと「心が変われば」

幸せのヒント 「まず心を変えることから」

心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。


感情・気分が変われば、態度や行動が

変わるでしょう。

気分よく生活する習慣ができれば、幸せ

に暮らせるようになれるでしょう。

望むものが変われば、行動が変わるでしょう

自分が幸せになれる望みをもてるようになる

ことが重要でしょう。

考え方が変われば、態度や行動が変わるでしょう

考え方が変われば、物事の感じ方も変わり、望む

ものも変わるでしょう。

自分の心を変えるためには、まず考え方を変える

ことからではないでしょうか。

幸せになる考え方を心がける習慣ができれば、

それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。


考え方が大きく変われば、人格・性格が変わった

ように感じられるかもしれません。

考え方が変われば、人生も変わるのではないでしょうか

クリックすると新しいウィンドウで開きます


by naniwa-osushi | 2017-04-20 16:42 | 緑ヶ丘店
魚庭の海のひとりごと「花散らしの雨」

「花散らしの雨」

花散らしの雨は、桜の花にとって

いわば天敵のようなもの。

風雪に耐え、やっと咲いた満開の花が、

一夜にして散ってしまうこともあります。

それでも、その雨が、

桜の絨毯を作ってくれたりします。

「花に風、月にむらくも、

春の嵐ですよね」

クリックすると新しいウィンドウで開きます



by naniwa-osushi | 2017-04-20 13:40 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。ランチパスポート大阪堺版Vol.3お客様評価アンケート1位獲得!
ランパス大阪堺版 ~トリビア⑭~

第4弾の発売後、3週間が経過したランチパスポート大阪堺版。お楽しみいただけていますでしょうか?
先日、事務局に寄せられた第3弾の読者アンケートが集計され、お客様が選ばれた掲載店BEST3の各お店へ楯(たて)の贈呈を行ってまいりました!

第1位は“魚庭の廻転寿司緑ヶ丘本店
第2位は“炭焼ダイニング nen”
第3位は“牧場物語” でした!


いつもアンケートにご協力いただき、ありがとうございます☆

写真

by naniwa-osushi | 2017-03-24 09:35 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。できない理由
できない理由を
 
忙しさのせいにしたとき、
 
心が亡くなる。

 
 
できない理由を
 
歳のせいにしたとき、
 
歳が老いる。
 

  
できない理由を
 
誰かのせいにしたとき、
 
自分がわからなくなる。
 
  
何かのせいにした言い訳が
 
全部自分に返ってくる。
 
 
できない理由を
 
自分のせいにしたとき、
 
できる自分が返ってくる。

 


 

by naniwa-osushi | 2017-03-19 21:26 | 緑ヶ丘店
魚庭の海(大阪湾の別称)のひとりごと。弥生「夢見月」

三月を「弥生(やよひ)」と呼ぶことは多くの人が
知るところと思いますが、他にもさまざまな呼び方があり、
そのひとつに「夢見月(ゆめみづき)」があります。

ah_yayoi.jpg

弥生の勢いと夢見る頃

「弥生(やよひ)」という言葉にどのような
イメージがあるでしょうか? 
多くの人は、優しい、はかなげ、……など、
春と言う季節と重ねて柔らかいイメージが
あるかもしれません。ですが、その語源は
「草木がいやが上にも生える=いやおひ」が転じて
「弥生」となった……と言うもので、
とても生命力にあふれた意味を持っています。

 それでいて、この頃はその反動でしょうか、
気だるさや眠気を感じやすくなる頃でもあります。
その眠りの中で見る夢を「春の夢」という季語で、
古(いにしえ)の歌人は和歌に詠んだものです。
天文用語でもある「霞(かすみ)」「朧(おぼろ)」
など、ぼんやりとした空気感が、「夢と現(うつつ)」
の間のように感じたのでしょうか。
現代でも、短歌や俳句に使われる季語です。

 溢れる勢い、まどろみ、そして見た夢のはかなさ。
弥生は、季節も人も、行きつ戻りつ「たゆたう」感じがあります。
これが、「夢見月」と呼ばれる所以(ゆえん)でしょうか。

夢で逢いましょう…と言ってくれる。。。


by naniwa-osushi | 2017-03-01 15:58 | 緑ヶ丘店

Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
kakisen@violin.ocn.ne.jp